イサック・ビニャーレス選手、WOJCIK RACING TEAMの勝利のためEWCに参戦

2023-01-23T10:58:30+01:002023年1月20日|2023|

Wójcik Racing Teamは、イサック・ビニャーレス選手と契約し、FIM世界耐久選手権に向け、新たな「ワールドクラス」ライダーを自身のライダーラインアップに加えることになった。

MotoGPレーサー、マーベリック・ビニャーレスのいとこであるカタルーニャ生まれのイサック・ビニャーレス選手は、フォーミュラEWCに参戦するこのポーランドチームのマシン#77のシートに、フランス人ライダーのマチュー・ギネス選手と南アフリカ人ライダーのシェリダン・モライス選手とともに座る。

過去には、Moto3で4度の表彰台を、FIM世界スーパースポーツ選手権でも、5度の表彰台を獲得したイサック・ビニャーレス選手は、2018年の鈴鹿8耐でEWCデビューを果たしている。その後、2022年の世界耐久選手権では、Team Moto Ainから2回の出場を果たし、印象的な走りを見せている。

チームのスワヴォミル・クブズディール監督は、次のように述べている。「Wójcik Racing Teamにもう一人、イサックという世界的なライダーが加わった。我々は、彼が世界選手権で戦う姿を何年も見てきたから、彼のことをよく知っているんだ。彼は、我々が2020年から参戦したスーパースポーツ世界選手権のトップライダーで、それ以来、彼とFIM EWCで共に戦ってみたいと思っていたんだ。私は、イサックをカルタヘナに誘って、我々のチームに会い、バイクを試乗してもらったんだ。その時その場で2023年の契約しようという話になったんだよ。初めから話はとてもスムーズに進んだんだ。我々は、FIM EWCでトップ争いをしたいという同じ目標を持っているんだ。」

Wójcik Racing Teamは、昨年9月のボルドール24時間レースで2位を獲得し、FIM世界耐久選手権チーム最終順位でも5位を確保し、EWC2023年シーズンを終えた。

「Wójcik Racing Teamに加入できて、本当にうれしいよ。」とイサック・ビニャーレス選手は語る。「とても良いチームだし、一緒に多くのことを成し遂げることができると思っているんだ。耐久レースでは、とても重要なチームの「家族のような雰囲気」も気に入っているよ。最初の2日間のテストを終えて、僕らには良いマシンがあり、それをさらに良くする方法もわかっている。耐久レースでは何が起こるか分からないから、目標を語るのは難しいんだけど、全力を尽くして上位を目指したいと思っているよ。」

Wójcik Racing Teamは、今後、マシン #77に搭乗する4人目のライダーを発表する予定だ。

Wójcik Racing Team、EWCスーパーストッククラスへの挑戦を同時発表
Wójcik Racing Teamは、フォーミュラEWCクラスに参戦するマチュー・ギネス選手、シェリダン・モライス選手、イサック・ビニャーレス選手の発表と同時に、スーパーストッククラスに参戦するポーランド人ライダーのカミル・クレミエン選手、マレク・シュコペック選手、イギリス人ライダーのダニー・ウェッブ選手、イタリア人ライダーのケビン・マンフレディ選手の4人のライダーも発表している。