News

ドミニク・メリアンドを称賛

2019-07-28T04:01:06+02:002019年7月28日|2018-2019, Suzuka 8 Hours 2019|

スズキは、鈴鹿8耐のスタートを前に、スズキ・エンデューランス・レーシングチームを創設したボスを讃えた。ドミニク・メリアンドが指揮をとる世界耐久選手権のレースは、今回が最後となる。

これまで世界タイトル獲得15回を誇るスズキ・エンデューランス・レーシングチームは、FIM世界耐久選手権を最も多く制したチーム。スズキ・エンデューランス・レーシングチームの歴史は、ドミニク・メリアンドなくしては語れない。1980年にこのチームを創設したメリアンドは、2019年鈴鹿8耐まで長年、チームを率いてきた。

第42回を迎える鈴鹿8耐のオープニングセレモニーでは、スズキと世界耐久戦の仲間たちが、1983年鈴鹿8耐での優勝を始め、耐久選手権でのスズキ・エンデューランス・レーシングチームの堂々たる勝利記録を打ち立てたドミニク・メリアンドを公式な形で讃えた。