ルマン24時間レース速報:YART、ニッコロ選手とカレル選手の活躍で予選1回目をトップ通過

2022-04-15T15:07:58+02:002022年4月14日|2022|

ニコロ・カネパがレッドライダーの中で1分35秒500の最速ラップタイムを記録し、YART – Yamaha Official Team EWCは、FIM世界耐久選手権2022年シーズン第1戦のルマン24時間レースの暫定ポールポジションを獲得した。

2022年シーズンからの新ルールでは、予選結果は、従来の3人の平均タイムではなく、最速タイムを記録した2人の平均タイムが採用される。4人目のライダーの成績は考慮されない。

ニッコロ選手のチームメイト、カレル・ハニカ選手も1分35秒873でブルーライダー最速ラップタイムを記録し、YARTは非公式ながら平均1分35秒686を記録した。

ブルーライダーのジョシュ・フック選手とチームメイトのイエローライダー、ジノ・レイ選手は、非公式平均タイム1分35秒731を記録し、F.C.C. TSR Honda Franceの2位獲得に貢献した。その後をYoshimura SERT Motul(非公式1分35秒975)、ERC Endurance-Ducati (非公式1分36秒107)と続いた。

BMW Motorrad World Endurance Teamが1分36秒201で5位、Wójcik Racing Teamが1分36秒729で6位となった。

ダンロップ・スーパーストック・トロフィーでは、ブルーライダーのセッションでNational Motosのセバスチャン・スエット選手が、イエローライダーのセッションでTeam 18 Sapeurs Pompiers CMS Motostoreのバティスト・ギテ選手が、レッドライダーのセッションではWójcik Racing Teamのダニー・ウェッブ選手がそれぞれ最速タイムを叩き出した。

次の予定である夜間走行練習は、本日14日20:30-22:00(中央ヨーロッパ夏時間)に行われる。ライブタイミングはこちら から。