News

レッドブル・ホンダ、好調を持続

2019-07-10T15:44:24+01:002019年7月10日|2018-2019, Suzuka 8 Hours 2019|

鈴鹿のテストは2日目も、HRCの日本チームがリードを保った。レッドブル・ホンダは、ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム、Musashi RT Harc-Pro Hondaを上回るタイムをマークした。

レッドブル・ホンダとヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームにとって、レースは既に始まっていた。この日(水曜日)の日中は#21 ヤマハがリードを握っていたが、テスト初日で圧倒的な速さを見せていたレッドブル・ホンダが最終セッションで再びコントロールを握り、2:06.139と、ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム(2:06.213)、Musashi RT Harc-Pro Honda(2:06.276)よりも速いラップを披露した。

F.C.C. TSR ホンダ・フランスはこの日、 2:06.789と4番手タイムをマークし、昨日からパフォーマンスが改善。ヨシムラスズキMOTULレーシング、YART ヤマハを上回ったが、この2チームも前日よりもタイムを上げている。

明らかにタイヤチョイスが当たったスズキ・エンデューランス・レーシング・チームは2:08.607をマークし、昨日のタイムを1.5秒近くも削ってきた。

公式テストの最終日となる明日(木曜日)の3日目は、鈴鹿で3回のプラクティスセッションが予定されている。

鈴鹿8耐テスト2日目トップ6
レッドブル・ホンダ – 2:06.139
ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム – 2:06.213
Musashi RT Harc-Pro Honda – 2:06.276
F.C.C. TSR ホンダ・フランス – 2:06.789
ヨシムラスズキMOTULレーシング – 2:07.495
YART ヤマハ – 2:07.709

スズキ・エンデューランス・レーシング・チーム – 2:08.607