News

鈴鹿8時間、台風直撃にも対応

2018-07-29T03:28:07+02:002018年7月29日|2017-2018, 2018年 鈴鹿8時間|

昨晩、鈴鹿周辺は台風の直撃を受けたが、モビリティランドによる夜通しの対応により、鈴鹿8時間のレースは予定通りの時間にスタートを迎える。

昨晩、鈴鹿周辺は時速170kmの強風に見舞われた。予報されていた台風が直撃し、鈴鹿サーキットや関連施設も多大な被害を受けた。

それに毅然と対応したのがモビリティランド。土曜日の早い段階から、警戒態勢に入っていた。気候による影響を受けやすいイベントだが、レースに影響が及ばないように、日本の主催者陣営が夜を徹しての作業で対応した。

レースのウォームアップは、晴天の元、乾きつつあるコースで予定通りに行われる。