2021年スーパーストッククラスの総括

2021-11-04T10:26:12+01:002021年11月2日|2021|

BMRT 3D Maxxess Neversは、今シーズン、No Limits Motor TeamとNational Motos Hondaを抑え、初のFIM耐久ワールドカップを獲得した。また、他のスーパーストックチームも大いに注目を集めたシーズンとなった。

フランスのカワサキプライベートチーム、BMRT 3D Maxxess Neversは、見事に初のFIM耐久ワールドカップ獲得を果たした。BMRT 3D Maxxess Neversは、ルマン24時間レースではスーパーストッククラス2位を獲得し、続くエストリル12時間レースとボルドール24時間レースでスーパーストッククラス優勝を果たし、壮絶な戦いとなったボルドールでは総合でも3位に入賞した。チェコでの最終戦を前に、耐久ワールドカップを獲得していたロマン・マンジェ監督率いるこのチームは、モスト6時間レースでも優勝を狙っていたが、転倒によりリタイアを余儀なくされた。

最終戦でスーパーストッククラスの主人公となったのは、イタリアのスズキチーム、No Limits Motor Teamであった。ルマンとボルドールの2つの24時間レースで、2度の表彰台を獲得し、モスト6時間レースでは優勝を果たした。今年も昨年同様、No Limits Motor Teamは、FIMスーパーストック・ワールドカップの準チャンピオンに輝いた。

2021年スーパーストッククラス第3位を獲得したパリのディーラーチーム、National Motos Hondaは、ルマン24時間レースで優勝、エストリル12時間レースで2位となり、優勝に最も近いチームとして注目を浴びていた。しかし、ボルドール24時間レースでは、他の多くのチームと同様、致命的なトラブルを負い、リタイヤに終わった。

Falcon Racingは、各レースで安定した走りを披露し、ポイントを獲得。見事4位入賞を果たし、2021年シーズンをこれまでの最高のシーズンとした。

Team 18 Sapeurs-Pompiers CMS Motostoreは、今シーズン、トップ5入りを目指していた。赤いヤマハマシン#18を駆るこのフランスチームは、優勝候補の一角として注目されていたが、彼らの2021年シーズンは、ルマンから開始直後の1周目に複数のマシンの事故に巻き込まれてしまうという苦しいスタートを切った。Team 18 Sapeurs-Pompiers CMS Motostoreは、エストリルでスーパーストッククラスの表彰台に上ったが、ボルドールではリタイヤに喫した。

フランスのカワサキチーム、Energie Endurance 91は、2021年シーズン、スーパーストッククラスで大躍進を果たした。6度目の参戦となった今季、Energie Endurance 91は、モスト6時間レースでスーパーストッククラス3位を獲得した。

Pitlane Enduranceは、最終戦のモスト6時間レースには参加しなかったものの、ルマン24時間レースで4位に入賞するなど、シーズン序盤の3レースでトップ10入りを果たし、2021年のスーパーストッククラスでは7位を獲得した。

2021年ランキングの8位を獲得したフランスのホンダチーム、RAC41 ChromeBurnerは、不安定なスタートを切ったが、ル・カステレで開催されたボルドール24時間レースでは総合4位、スーパーストッククラス2位という最高の結果を出した。

9位のTeam 33 Louit April Moto(Kawasaki)は、ルマン24時間レースではスーパーストッククラス12位、ボルドール24時間レースではリタイヤしたものの、エストリル12時間レースではスーパーストッククラス4位に入賞するなど、浮き沈みの激しいシーズンを過ごした。

OG Motorsport by Sarazin(ヤマハ)は、ボルドール24時間レースでスーパーストッククラス4位の成績を収め、スーパーストッククラス年間ランキング10位を獲得した。

11位のJMA Motos Action Bike(スズキ)は、序盤でクラッシュを喫したボルドール24時間レース以外のすべてのレースで完走を果たした。JMAは、モスト6時間レースのスーパーストッククラス5位に入賞。

TRT27 Bazar 2 la Bécane(スズキ)とPlayers(カワサキ)をランキングで上回った。昨シーズン、スーパーストッククラスで大活躍したWójcik Racing Team 2だったが、今シーズンは15位で終えた。

その他の注目すべきパフォーマンスを発揮したチームとしては、エストリル12時間レースのスーパーストッククラス5位を獲得したSlider Endurance(年間ランキング17位)、モスト6時間レースのスーパーストッククラスで4位を獲得したイタリアのチーム、Aviobike(年間ランキング18位)、ボルドール24時間レースのスーパーストッククラスで6位を獲得したイギリスのチーム、ADSS 97(年間ランキング20位)、ルマン24時間レースのスーパーストッククラス7位を獲得したLH Racing(年間ランキング21位)がいた。

また、British Endurance Racing TeamTeam 202は、それぞれエストリル12時間レースとルマン24時間レースでポイントを獲得し、スーパーストッククラスで耐久レースの歴史にその名を刻んだ。

FIM EWC2021年シーズン:結果と順位