BMW、モスト6時間レースを支配

2021-10-13T11:41:12+02:002021年10月9日|2021, 6 Hours of Most|

BMW Motorrad World Endurance Teamは、レース開始から2時間経過時点まで、YART-Yamaha Official EWC TeamとYoshimura SERT Motulの前でモスト6時間レースを支配している。

Yoshimura SERT Motulのスズキマシンに乗るグレッグ・ブラック選手がホールショットを決めた後、F.C.C. TSR Honda Franceのマイク・ディ・メリオ選手がトップを奪取。しかし、BMWのイルヤ・ミハルチク選手が1分34秒751のファステストラップを記録し、すぐにトップに立った。F.C.C. TSR Honda Franceは、転倒を喫し、トップ3の座を失った。

ポールシッターのYART-YAMAHA Official EWC Teamは、マービン・フリッツ選手がスタートで遅れを取り、その後、トップグループまでの差を縮める激走を見せたが、1回目の給油ストップで再びタイムロスを起こし、2時間経過した現在、2位を走行中だ。

Yoshimura SERT Motulは、YARTに続く3位を走行している。

Webike SRC Kawasaki France TrickstarとWójcik Racing Teamは、VRD Igol Experiencesの前のトップ5に入っている。Yoshimura SERT Motulがスターティンググリッドで3ポイントを獲得したため、VRD Igol Experiencesが2021年の世界タイトルを獲得するためには、レースに勝利し、スズキチームがリタイヤすることを期待しなければならない。

ERC Endurance-Ducatiは、Tati Team Beringer Racingとタイヤの選択を間違えたために出遅れてしまったMoto Ainと共に7位を周回している。

スーパーストッククラスでは、No Limits Motor Team、チェコチームのTME Racing、Team 18 Sapeurs-Pompiers CMS Motostore、Wójcik Racing Team 2、そしてBol d’Orで2021年FIMワールドカップを獲得したBMRT 3D Maxxess Neversが10位以下で集団を形成し、激戦を繰り広げている。

2021年モスト6時間レース – 2時間経過後の順位