F.C.C. TSRホンダ・フランス、オッシャースレーベンで優勝

F.C.C. TSRホンダ・フランスがオッシャースレーベン8時間レースで優勝し、2017-2018年FIM EWCでの選手権順位をさらに固めた。チームは、波乱の展開となったレースで、2位に入ったチームSRCカワサキを押さえて勝利。 後にはGMT94が続いた。Tati Team Beaujolais Racingは激しい戦いで順位を守り切り、初となるFIM スーパーストック・ワールドカップのタイトルを手にした。
2018-06-10T01:02:41+02:002018年6月9日|2017-2018, 8 Hours of Oschersleben 2018|

GMT94 ヤマハ、オッシャースレーベンのポールポジションを奪取

6月8日の午前に行われたオッシャースレーベン8時間レースの予選2回目では、大きな変動があった。ポールポジションを獲得したのはF.C.C. TSRホンダ・フランス、スズキ・エンデューランス・レーシング・チームの前に立ったGMT94。Moto Ainはグリッド9番手で、スーパーストッククラスのトップにつけた。
2018-06-08T14:58:08+02:002018年6月8日|2017-2018, 8 Hours of Oschersleben 2018|