2021年鈴鹿8時間耐久ロードレースの中止が決定 モスト8時間レースがFIM EWCスケジュールに追加

ここ数週間、日本で新型コロナウィルス感染症の流行が急激に拡大しているため、2021年11月7日に開催予定だった鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)の中止が決定された。 同時にFIM EWCレーススケジュールを強化するため、当初5月に予定されていたオッシャースレーベン8時間レースの代わりに、新しいヨーロッパレースであるモスト8時間レースが追加された。 2021年FIM EWC、およびFIM耐久ワールドカップの最終戦となるモスト8時間レースは、10月9日(土)にチェコ共和国で開催される予定で、その日は、WTCRカーレースとFIMオートバイレースの2レース併催となる。
2021-08-19T10:15:18+02:002021年8月19日|2021, 8 Hours of Suzuka 2021|

KAWASAKI RACING TEAM、2021年鈴鹿8耐参戦に向け、準備完了

カワサキファクトリーチームのKawasaki Racing Teamは、鈴鹿8時間耐久ロードレースに出場する3人のライダーラインアップをいち早く決定した。ジョナサン・レイ選手、アレックス・ロウズ選手、ルーカス・マヒアス選手の3人がカワサキファクトリーマシンのシートに座る。2021年FIM EWCシーズンの最終戦となる鈴鹿8耐は、11月7日(日)に日本で開催される。
2021-07-21T11:46:46+02:002021年7月21日|2021, 8 Hours of Suzuka 2021|