TATI TEAM BERINGER RACING、2021年ウェビック・トロフィーを受賞

賞金1万ユーロが授与されるウェビック・トロフィーは、シーズン中の最も優れたピットストップを行ったチームに贈られる。今年は、ボルドールでレースに復帰するため、カワサキマシンのエンジンを見事修復したTati Team Beringer Racingの努力と決意が評価され、ウェビック・トロフィーが送られた。
2021-10-20T11:42:21+02:002021年10月11日|2021, 6 Hours of Most|

NO LIMITS、モストでEWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーを受賞

イタリアのチーム、No Limits Motor Teamが、EWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーを再び獲得し、さらにスーパーストッククラスでも優勝を果たすなど、賞をすべて勝ち取った。No Limits Motor Teamは。EWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーの優勝者に与えられる4,000ユーロの賞金を獲得し、FIMエンデュランス・ワールドカップでは最終戦で準優勝を獲得した。また、チェコのTME RacingとEnergie Endurance 91も、モストのEWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーの表彰台に立った。
2021-10-13T15:10:47+02:002021年10月10日|2021, 6 Hours of Most, Independents|

BMW、僅差でYARTをかわし、初優勝

BMW Motorrad World Endurance Teamは、YART-Yamaha Official EWC Teamを0.07秒という耐久レース史上最少の差でかわし、モスト6時間レースのゴールを迎えた。その結果、BMWファクトリーチームが世界耐久選手権初優勝を飾り、ヤマハチームは、今シーズン初の表彰台に上った。そして、3位を獲得したYoshimura SERT Motulは、2021年FIM EWC世界チャンピオンに輝いた。
2021-10-13T11:55:13+02:002021年10月9日|2021, 6 Hours of Most|

ダンロップ・モータースポーツの舞台裏

FIM EWCは、複数のメーカーが参加する数少ないFIM選手権のひとつだ。ダンロップは、ファクトリーチーム、プライベーターチームを問わず、60%以上のチームにタイヤを供給している。ダンロップ・モータースポーツの世界耐久選手権の担当であるデビッド・アウアーバッハー氏とウィム・ヴァン・アハター氏に会い、チームとの関係について聞いてみた。
2021-10-13T08:56:40+02:002021年10月8日|2021, 6 Hours of Most|

BMW、モスト最速一番乗り

10月7日の朝に行われたモスト6時間レースのフリー走行では、BMW Motorrad World Endurance Teamが、YART-Yamaha Official EWC Team、F.C.C. TSR Honda France、Yoshimura SERT Motulを抑え、最速タイムを記録した。これは、時間差による間接的な対決ではあったが、モスト・サーキットにおける最初のチーム対決でもあった。
2021-10-11T06:50:37+02:002021年10月7日|2021, 6 Hours of Most|

最終戦モストへ向けた調整

10月6日の午後、10月9日(土)に2021年FIM EWCシーズンの最終戦が開催されるチェコ共和国のモスト・サーキットで初テスト走行が行われた。モスト6時間レースに参加するほとんどのチームが、この難関なサーキットを走るのは初めてであった。
2021-10-11T06:38:13+02:002021年10月6日|2021, 6 Hours of Most|