2021ボルドール - 16-19/09/2021

ボルドール
2021年9月18・19日

ポール・リカール・サーキット
ポール・リカール・サーキットでは毎年、4輪、2輪、自転車と様々なレースが開催されており、826~5861mまで、167通りのコースを設定することができる。

1970年の開業以来、伝統のサーキットとしてF1フランスGPを14回、ボルドール2輪耐久レースを22回、2輪GP世界選手権を13回、開催している。1999年には一時閉鎖して改修工事が行われ、革新的なサーキットに生まれ変わった。ポール・リカールHTTT (High Tech Test Track、ハイテクテストコース)としても知られ、2015年にはFIM EWCのボルドール戦が復帰し、再び2輪の国際シリーズ戦を開催するようになった。

2017年、81回目の開催を迎えたボルドール戦は、長年に渡り様々なサーキットを舞台に開催されてきた。1922年の初開催時は公道レースだったが、その後、専用サーキットで開催されるようになり、モンテリ、ルマン、ポール・リカール、ヌベール・マニクールと舞台を移りながら、2015年にカステレのポール・リカールに戻ってきた。

2020年には、新型コロナウィルスの世界的な流行のため、ボルドールは、2021年に延期された。

ポール・リカール・サーキットの略歴
1970年4月19日: 開業
1971年:F1フランス・グランプリ初開催
1973年:2輪フランス・グランプリ初開催
1980年:ボルドール初開催
1999年:新オーナーにより買収、改修工事が始まる
2002年:ポール・リカールHTTTとして新装オープン
2006年:FIA公認取得
2009年:一般使用再開、年間10〜20レースを開催
2015年:ボルドール戦がポール・リカールに復帰
2018年:改修と安全性向上の工事を行い、5,673mに距離を短縮してF1グランプリが復帰
2019年:悪天候のため、ボルドールは、夕方18時からスタートし、明朝6時で中断となった

Paul Ricard Circuit
RDN8 – 2760 Route des Hauts du Camp 83330 Le Castellet – FRANCE
+33 (0)494 983 666
circuit@circuitpaulricard.com

Track information
Length of the track: 5,673 km
Duration of the race: 24 hours
Best laps in EWC
In race
1’55.487 – YART Yamaha – Broc Parkes in 2018
In qualifications
1’53.408 – YART Yamaha – Loris Baz in 2019
Winner 2019
Suzuki Endurance Racing Team - Vincent Philippe, Etienne Masson & Gregg Black – 313 laps (race interrupted from 6pm to 6am with severe weather conditions)