EWCレジェンドライダーのフレディ・フォレイ氏、「ボルドールは必見モノ」

2022-09-17T15:36:40+02:002022年9月17日|2022|

ボルドール24時間レースを4度制覇し、現在Eurosportのピットレーンレポーターを務めるフレディ・フォレイ元選手は、今日この後開催されるボルドールのオープニングアワーは特に必見であると述べている。

フランス人のフレディ氏は、ライダーとしてのキャリアを終えた後、マイクを握ったが、FIM世界耐久選手権のパドックでは、高い人気と知識でみんなから尊敬されている。

15:00(中央ヨーロッパ時間)にスタートを切るボルドール24時間レース第100回記念大会を前に、フレディ氏は次のように語った。「とても特別なサーキットでのとても特別なレースになるだろう。特に最初の1時間は信じられないほど、必見な時間となるだろう。」

「ファクトリーチーム同士の戦いは、ラップタイムが素晴らしいのから、ぜひ注目したい。この5年間で、実にハイレベルな戦いをするようになり、マシンのレベルもどんどん上がっているが、すべてのマシンが完走できるわけではないので、すべてのファクトリーチームが素晴らしい戦いができることを期待している。一番のポイントは、マシンの信頼性になると思う。」

「バイクの強さ、速さはわかっているが、毎ラップ25秒間もアクセルを全開にし続けるというのは、信じられないようなことなんだ。だからこのレースでは、エンジンとマシンを大切に扱う必要がある。」

マシンにかかるストレスや負担もそうだが、EWC最終戦に向けて行ったライダーラインアップ変更も、24時間レースとタイトル争いの行方を左右する可能性があるとフレディ氏は指摘する。

「何人かのライダーは何かが違う。」と、マイク・ディ・メリオ選手とジョシュ・フック選手と共に2018年に最後のボルドールで勝利を収めたフォレイ氏は語った。「SERTは、ザビエル・シメオン選手に代わって渡辺 一樹選手にライダー変更を行い、TSRも残念ながらジノ(・レイ)選手が欠場となった。アラン・テッカー選手は、さらに強くなって(F.C.C. TSR Honda Franceの)世界タイトル争いに貢献しなければならない、という大きな仕事を任された。」

FIM世界耐久選手権2022年シーズンのタイトルの行方を決定するボルドール24時間レース第85大会の模様は下記放送局からライブ配信される予定だ。(時間は中央ヨーロッパ時間)。

Eurosport International(ヨーロッパ、アジア、オセアニア)では、以下のようにライブ配信される。
Eurosport 1 ライブ中継:14:45-1:25
Eurosport 2 ライブ中継:6:00-9:20
Eurosport 1 ライブ中継:9:30-15:30

Eurosport Player:全レースライブ中継

Eurosport 2 in France:全レースライブ中継

その他の放送局ではライブ中継とハイライトを放送。

オーストリア:Servus TV
ベルギー:RTBF RTBF auvio
カナダ:Motor Trend
フランス:L’Equipe
ドイツ:Servus TV
日本:J SPORTS
ルクセンブルク:RTL Play
ニュージーランド:Sky
スロバキア:RTV
スイス:Servus TV
アメリカ:MotorTrend

アフリカ、アメリカ、中近東:Motorsport.tv
アジア: beIN sports
カリビアン:Sports Max

*詳細は各地域の放送局を確認すること

EWCソーシャルメディアでフォローする

https://www.facebook.com/fim.ewc

https://www.youtube.com/c/FIMEWC

https://www.instagram.com/fim_ewc_official/