戻る

ニュース

F.C.C. TSRとホンダ・フランスの野望

F.C.C. TSRとホンダ・フランスの野望

15/09/2017 19:56

ボルドール前夜、ホンダ・フランスはチームF.C.C

ボルドール前夜、ホンダ・フランスはチームF.C.C.とのパートナーシップを発表した。F.C.C. TSRは鈴鹿8時間耐久レースを3回制したチームであり、昨年以来FIM EWCにフル参戦している。

F.C.C TSRホンダ・フランスは、FIM EWCに向け大きな野望を持っている。彼らは予選3番手から、明らかに勝利を狙っている。

「F.C.C. TSRは、耐久レース界で最も力のあるチームのひとつであり、フランスでふたつの大レースを行うFIM EWCへのコミットメントを強化しようとしている」

ホンダ・フランスのモーターサイクル部門の責任者であるファブリス・レコーク氏は語る。

「ホンダ・フランスは、長いレースの歴史を持っている。ボルドールで最初に勝ったのは1969年だった。そして我々は、本当の意味での最高レベルの耐久レースに、戻っていきたいと思っている。だからこそこのF.C.C.との提携を決めたのだ。F.C.C. TSRホンダ・フランスは今、レースやチャンピオンシップに勝つための道のりに戻っている。我々が耐久レースに戻ることを決めたもうひとつの理由は、ユーロスポーツ・イベントのおかげだ。だから我々はこのメジャーな選手権を戦う」

ボルドールでのFIM EWC開幕戦は、9月16日の15時(現地時間)にスタートを迎える。

F.C.C. TSRホンダ・フランスの軌跡
2016-2017:FIM EWC年間ランキング4位, ボルドール5位, ル・マン24時間5位, オッシャーズレーベン5位, スロバキアリンク21位, 鈴鹿8耐3位
2016 FIM EWC年間ランキング7位, ル・マン24時間3位
2015 鈴鹿8耐2位
2012 鈴鹿8耐優勝
2011 鈴鹿8耐優勝
2010 鈴鹿8耐3位
2009 鈴鹿8耐9位
2007 鈴鹿8耐3位
2006 鈴鹿8耐優勝
2005 鈴鹿8耐4位
2003 鈴鹿8耐3位
1990 鈴鹿8耐デビュー

昨シーズンのチャンピオンであるGMT94ヤマハは、

チームSRCカワサキは、YARTヤマハとF.C.C

まもなく開幕するFIM EWCチャンピオンシップの

FIM EWCの新シーズンが、9月16〜17日にポ

 40周年を迎えた今年の鈴鹿8耐。このレースの結果

 ヨシムラ スズキ MOTUL レーシングが、今年