F.C.C. TSR HONDA FRANCEとBMW MOTORRAD WORLD ENDURANCEが首位争い

2020-08-29T18:02:38+02:002020年8月29日|2019-2020, 24 Heures Motos 2020|

ファクトリーチームが、激しいバトルを繰り広げている。トップを走行していたYART Yamahaは、2時間30分を経過したところで、転倒し、トップの座を明け渡した。

Suzuki Endurance Racing Teamのグレッグ・ブラック選手は、いつものように好スタートを切ったが、マイク・ディ・メリオ選手が一気にとらえ、 F.C.C. TSR Honda Franceがトップに躍り出た。その後、YART Yamahaのニッコロ・カネパ選手がトップに立ち、レースをリードした。

しばらくオーストリアチームのYART Yamahaが、他の優勝候補チームの猛追をかわし、トップを激走していたが、2時間30分が経過したところで転倒してしまう。トップ集団では、F.C.C. TSR Honda France、Suzuki Endurance Racing Team、BMW Motorrad World Endurance Team、Webike SRC Kawasaki France Trickstarが、Maco Racing Team、VRD Igol Pierret Experiences、Wójcik Racing Teamを抑えて、トップ5の座を争っている。ドゥカティチーム、ERC Enduranceは、トップ争いからの脱落した。スタートで出遅れたERC Enduranceは、初回のスティントの最後に燃料切れを起こし、タイムをロスしてしまった。

スーパーストッククラスのトップを走るBMRT 3D Maxxess NeversとNo Limits Motor Teamは、9位付近を順調に走行している。Moto Ainは、クラッシュの影響で20位以下で周回を重ねている。

好調なスタートを切ったものの、その後、様々な問題で出遅れているチームには、エンジンに大きな問題を抱えたHonda National Motosや、カワサキのマシンに技術的な問題を抱えたTati Team Beaujolais Racingなどがある。

ルマン24時間レース ライブタイム