KM99・ガエタン・シャインズ氏のEWCウォーリアとグラディエーター

2023-01-19T11:14:25+01:002023年1月19日|2023|

FIM世界耐久選手権2023年シーズンから新規参入したKM99のオーナー、ガエタン・シャインズ氏は、このチームのライダーラインナップが他のチームから最も警戒される存在になることを確信しているようだ。

ヤマハマシンを駆るこのベルギーチームは、2023年のEWCデビューに向けて、バスティアン・マッケルズ選手、ルーカス・マヒアス選手、フロリアン・マリノ選手を起用した。

4月13日~16日にフランスで開催されるルマン24時間レース皮切りに、4大会が開かれるEWC2023年シーズンにおいて、きっとこのトリオが勝利をもたらしてくれるとガエタン・シャインズ氏は信じている。

「KM99のEWCデビューのために、このような素晴らしいチームが結成できたことをとてもうれしく思っているよ。」とガエタン・シャインズ氏は語った。「世界選手権参戦初年度に、このような偉大な3人のライダーが並んでいるということは本当に光栄だよ。ルーカス、フロリアン、バスティアンはウォーリアーであり、グラディエーターだ。彼らの才能と経験によって、KM99はFIM EWCのトップ5にだって食い込むことができるだろうと考えているんだ。」

KM99のマリオ・クッパー監督は、「私は過去にこの3人のライダーと一緒に仕事をしたことがあるんだよ。」と語る。このプロジェクトの始まりに彼らと再会できたことは、時間、労力、手段といろいろ費やしてきたことへの大きな見返りだと思っているよ。目標は、はっきりしていて、開幕戦からトップ5入りを果たすこと。そのために全力を尽くすつもりだ。KM99は、20人のチームで、それぞれが耐久レースでの多くの経験を持っている。スタートがとても待ち遠しいよ。」

写真:左から、バスティアン・マッケルズ選手、ルーカス・マヒアス選手、フロリアン・マリノ選手