戻る

ニュース

KRP三陽工業&RS-ITOHがEWC Dunlopインディペンデント・トロフィーを受賞

KRP三陽工業&RS-ITOHがEWC Dunlopインディペンデント・トロフィーを受賞

02/08/2017 17:39

SSTクラスの1チームとして鈴鹿8時間耐久ロードレ

SSTクラスの1チームとして鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦したKRP三陽工業&RS-ITOHは、総合22位でフィニッシュし、EWC Dunlopインディペンデント・トロフィーを受賞した。

KRP三陽工業&RS-ITOHはスタートから総合20番手以内を走っていた。予選では37位と出遅れた同チームだが、岡村光矩と石塚健の二人だけで8時間を走り切り、大きくポジションを上げてフィニッシュした。この結果、同チームは4000ユーロの賞金を手にしている。

EWC Dunlopインディペンデント・トロフィーで2位となったのは、EWCクラスのCLEVER WOLF Racing & 3ARTで、斉藤光雄、Alex Plancassagne、Anthony Dos Santosの3人により総合28位で完走。賞金3000ユーロを獲得した。

HKC&IMT Racing(岸田尊陽、朝比奈正、行方知基)が総合33位で、当トロフィーの3位に入り、2700ユーロを得た。

EWC Dunlopインディペンデント・トロフィーとは、今年からリニューアルされており、メーカーからの直接の支援を受けないチームであり、なおかつダンロップタイヤユーザーを対象に贈られる賞である。

鈴鹿8時間耐久ロードレース2017:EWC Dunlopインディペンデント・トロフィー結果

チーム 国籍 バイク モデル CAT 賞金
3 KRP三陽工業&RS-ITOH JPN カワサキ ZX 10R SST 4 000 €
24 Clever Wolf Racing & 3ART JPN ヤマハ YZF-R1 EWC 3 000 €
59 HKC & IMT Racing JPN ヤマハ YZF-R1 EWC 2 700 €
903 ノイズ レーシング チーム JPN ヤマハ YZF-R1 EWC 2 300 €
17 ルート17ホンダドリーム北九州teamLife JPN ホンダ CB R1000 RR EWC 2 000 €
20 KMII Z-Tech JPN スズキ GSX-R 1000 EWC 1 750 €
29 Dog House Bom Kood JPN スズキ GSX-R 1000 EWC 1 500 €
96 Team Frontier JPN ホンダ CB R1000 RR EWC 1 250 €
57 RSGレーシングwithスクールファミリー JPN ホンダ CB R1000 RR SST 1 000 €

昨シーズンのチャンピオンであるGMT94ヤマハは、

ボルドール前夜、ホンダ・フランスはチームF.C.C

チームSRCカワサキは、YARTヤマハとF.C.C

まもなく開幕するFIM EWCチャンピオンシップの

FIM EWCの新シーズンが、9月16〜17日にポ

 40周年を迎えた今年の鈴鹿8耐。このレースの結果