ニュース

ニュース2018-04-23T15:24:59+02:00

ERC ENDURANCE、1月、サーキットに帰還

2021年1月7日|2021|

ドイツのドゥカティ・ファクトリーチーム、ERC Enduranceは、2021年に向け、臨戦態勢を整えている。ルイ・ロッシ選手、マチュー・ギネス選手、シルヴァン・バリエ選手の3人のライダーは、新監督フランク・ホフマンと共に、2021年1月、スペインのヘレス・サーキットで走行テストを行う予定だ。

BOLLIGER、2021年に向け、準備万端

2020年12月16日|2021|

Bolliger Team Switzerlandは、2021年の新ライダーラインナップと計画を発表した。1980年からFIM EWCに参戦しているプライベートチーム、Bolliger Team Switzerlandの目標は、再び、トップファクトリーチームに戦い挑むことである。

高橋裕紀選手、F.C.C. TSR HONDA FRANCEからフルシーズン参戦が決定

2020年11月8日|2021|

2017-2018FIM世界耐久選手権を制した日本のチーム、F.C.C. TSR Honda Franceは、鈴鹿で2021年のライダーラインナップを発表した。日本人ライダー、高橋裕紀選手は、オーストラリア人ライダー、ジョシュ・フック選手、フランス人ライダー、マイク・ディ・メリオ選手が在籍するF.C.C. TSR Honda FranceからFIM EWCの次シーズンに参戦することとなった。

LRP POLAND、世界トップ10入り

2020年10月28日|2019-2020, 2021|

BMWマシンを駆るポーランドチーム、LRP Polandは、エストリル12時間レースを9位でフィニッシュし、2019-2020FIM EWCチームランキングの10位を獲得した。2016年にFIM世界耐久選手権に初参戦して以来、最高の結果でシーズンを締めくくった。

大躍進を果たしたWÓJCIK RACING TEAM

2020年10月20日|2019-2020|

ポーランドのチーム、Wójcik Racing Teamは、2019-2020FIM EWCシーズンで最も活躍したプライベートチームであった。FIM世界耐久選手権とFIMスーパーストックワールドカップにヤマハマシンで参戦したWójcik Racing Teamは、両クラスで4位入賞という好成績を収めた。

スパ・フランコルシャン・サーキットの第一改修作業が開始

2020年10月10日|カテゴリーなし|

2022年6月にEWC スパ24時間レースの開催が予定されているベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットでは、世界的なオートバイレースの復活に向け、第一次改修作業が開始された。総額8,000万ユーロが、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットの改修工事とインフラ整備のために確保された。