NO LIMITS MOTOR TEAM、ボルドール24時間レースでEWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーを獲得

2021-09-23T09:17:34+02:002021年9月20日|2021, Bol d'Or 2021, Independents|

イタリアのチーム、No Limits Motor Teamが、EWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーで初優勝を飾った。ボルドール24時間レースでスーパーストッククラス3位を獲得したNo Limits Motor Teamは、24時間レースで与えられる賞金7,000ユーロを手にした。他にOG Motorsport by SarazinとMaco Racing Teamの2チームが、ル・カステレでのEWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーの表彰台に登壇した。

No Limits Motor Teamのケビン・カリア選手、ルカ・スカッサ選手、アレクシ・マスブー選手のライダートリオは、ボルドールでのトラップや雨の夜をうまく切り抜け、スズキマシンを総合5位でフィニッシュさせ、さらにスーパーストッククラスの表彰台3位を獲得してみせた。終盤のギアシフターの問題がなければ、このクラスで優勝していたかもしれない。No Limits Motor Teamは、EWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーで初優勝し、7,000ユーロの賞金を獲得した。

OG Motorsport by Sarazinは、スーパーストッククラス4位を獲得。日曜日の朝にクラッシュしてしまい、スーパーストッククラスの表彰台を逃してしまった。ボルドールでの好成績により、EWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーの2位を獲得。フランス人ライダーのアレックス・プランカサーニュ選手、イギリス人ライダーのステファン・ヒル選手、日本人ライダーの渥美心選手という国際色豊かなメンバーで構成されたヤマハのフランスチームは、賞金6,000ユーロを獲得した。

Maco Racing Teamにとって今回のレースは、転倒や技術的な問題により苦いレースとなった。オーストラリア人のアンソニー・ウエスト選手、ドイツ人のマルク・モザー選手、チェコ人のオンドジェイ・イェジェク選手の3人は、10位でゴールし、EWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーの表彰台3段目に上り、賞金5,000ユーロを獲得した。

そして、ダンロップタイヤを使用している他の6つのプライベートチームが、完走したマシンはわずか20台という厳しいボルドールのレースを生き残り、賞を獲得した。ダンロップ・インディペンデント・トロフィーの4位から9位の6チームには、4,000ユーロから1,800ユーロの賞金が贈られた。

EWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーは、FIM EWCのプロモーターであるEurosport EventsとFIM世界耐久選手権の各レースの主催者、そしてタイヤメーカーのダンロップが6年間連続で実施しているもので、メーカーから直接支援を受けていない、ダンロップタイヤを使用するプライベートチームを支援するものだ。今シーズンは、EWCダンロップ・インディペンデント・トロフィーに参加するチームを支援するため、総額で12万ユーロが用意されている。

2021年ボルドール24時間レース – EWCダンロップ・インディペンデント・トロフィー ランキング

Cl TEAM NAT BIKE MODEL CAT PRIZES
1 44 No Limits Motor Team ITA Suzuki GSX-R1000 SST 7 000 €
2 66 OG Motorsport by Sarazin FRA Yamaha YZF-R1 SST 6 000 €
3 14 Maco Racing Team SVK Yamaha YZF-R1 EWC 5 000 €
4 97 ADSS 97 GBR Kawasaki ZX 10R SST 4 000 €
5 73 Team Space Moto FRA Suzuki GSX-R1000 SST 3 500 €
6 86 Pitlane Endurance FRA Yamaha YZF-R1 SST 3 000 €
7 27 TRT27 Bazar 2 la Bécane FRA Suzuki GSX-R1000 SST 2 500 €
8 45 Metiss JBB FRA Metiss EXP 2 000 €
9 156 Players FRA Kawasaki ZX 10R SST 1 800 €