News

Wojcik Racing Teamの鈴鹿参戦 - シーズン2

2019-07-21T11:39:12+02:002019年7月21日|2018-2019, Suzuka 8 Hours 2019|

Wojcik Racing Teamが2度目の鈴鹿8耐に挑む。今年、このポーランドのチームの#77ヤマハに乗るのは、ジノ・リー、クリストファー・ベルグマン、マレク・スコーペクだ。

第42回鈴鹿8耐のグリッドに並ぶ唯一のポーランドチーム、Wojcik Racing Teamは、2回目の鈴鹿参戦により強く経験豊富なラインナップで臨む。昨年、初めて参戦した鈴鹿は、Wojcik Racing Teamは25位でフィニッシュした。今年は、3人のベテランライダーを揃え、より上の成績を目指していることは明らかだ。

スウェーデンのクリストファー・ベルグマンは、初めての鈴鹿参戦。英国のジノ・リーは、2016年の鈴鹿8耐にToho Racingから参戦。テクニカルトラブルに見舞われながらも11位でフィニッシュしている。ポーランドのマレク・スコーペクは昨年も、Wojcik Racing Team Yamahaに乗っている。

Wojcik Racing Teamの詳しい情報はこちら