News

史上初、FIM / FIAの併催イベントをセパンで12月13−15日に開催

2019-02-13T13:04:37+01:002019年2月13日|2018-2019|

セパン・インターナショナルサーキットとユーロスポーツ・イベンツが、12月13−15日、史上初の2輪と4輪の併催イベントをマレーシアで開催、新境地を開拓する。アジアのモータースポーツ界の歴史に新しいページを刻む全く新しいこのイベントは、FIAとFIMのタイトルイベントを一度に開催するという初の試みに挑む。

非常にエキサイティングで高い競技性を誇る2つの世界レベルのモータースポーツシリーズ戦を披露するというこのイベントの発表は、2019年2月12日、マレーシアのペトロナスSICモータースポーツ連盟の2018年アワード会場にて、マレーシアのマハティール・ビン・モハマド首相も同席のもと、セパン・インターナショナルサーキットのCEO、ラズラン・アマッド・ラザリによって行われた。

初開催となるセパン8時間は、2020年の鈴鹿8時間の予選レースとして行われるだけでなく、アジアのモータースポーツ界の歴史の中でも全く新しい併催イベントという重要な側面も持ち合わせている。セパン・インターナショナルサーキットとユーロスポーツ・イベンツは、史上初めて、2輪と4輪のイベント:FIM EWCのセパン8時間、WTCR(FIA世界ツーリングカー・カップ presented by OSCARO)の2019年のスーパーフィナーレを同週末に、昼夜を通して同時に開催する。

鈴鹿に向けての予選

セパン8時間は、ユーロスポーツ・イベンツが改定した冬季カレンダーの一環として、2019-2020 FIM EWCシーズンのボルドールとル・マン24時間の間に、シーズン2回目の大会として開催される。
12月14日土曜日に初めて開催されるセパン8時間には、グランドフィナーレとなる鈴鹿8時間への参戦枠獲得を目指すアジアのチームが、セパンへの招待を受けるFIM EWCのレギュラーチームとともにコースに並ぶ。

メディア露出も広範囲に

セパン8時間とFIA WTCR / OSCAROのグランドフィナーレはいずれも、5大陸に広がるディスカバリーグループの国際メディアがレポートを伝えていく。

セパン・インターナショナルサーキットCEO、ラズラン・ラザリ
「F1がマレーシアで開催されなくなったことで、我々は年間のイベントカレンダーに別の世界クラスのイベントを探さなくてはならなくなった。ファンの投票や可能性を模索する調査する中で、FIM EWCとFIA WTCR、いずれもユーロスポーツ・イベンツがプロモートを行う2つのイベントがトップ2に挙がった。ユーロスポーツ・イベンツとの特別なコラボレーションはこのレースを唯一無二のイベントとし、2つの世界選手権イベントを同週末に開催するというマレーシアの歴史に名を刻む初めての試みとなる。両レースとも日没の時間に始まり、新しいSICサーキットライトのもとでチェッカーフラッグが振られることになる。

FIM世界耐久選手権は、ワールドワイドに開催される2輪の耐久レースの最高峰シリーズ。セパン大会はセパン8時間という名称で開催され、名門レース、鈴鹿8時間の2020年大会の予選として行われることから、日本やアジアのチームが参戦してくる。

マレーシアからの参戦は、このイベントが成功するための鍵を握る。我々は先日、ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシングチームを立ち上げ、モトGPのライダーを2人エントリーさせる他、唯一のマレーシア人のモト2ライダーとして、カイルール・イドハム・パウイをEWC初開催のセパン8時間に投入する。この素晴らしい世界選手権イベントに我々の地元からドライバーやライダーが参戦することは、大いに注目を集めると自信を持っており、マレーシアや世界各国から情熱的なモータースポーツファンがセパン・サーキットやマレーシアに集まることになるだろう」

ユーロスポーツ・イベンツ代表、フランソワ・リベイロ
「セパン・インターナショナルサーキットとともにFIMとFIAの併催イベントを開催し、同国や東南アジアのモータースポーツの歴史に新たな1ページを刻むことを心から誇りに思う。2輪と4輪のレースを昼夜を通して開催することで、この週末が全てのファミリーにとって素晴らしいアクションとエンターテインメントになることは間違いない。このイベントは、2018−2019シーズンのEWCのカレンダーの一部であるとともに、WTCR / OSCAROにとってはここでタイトル決戦を迎える事になるかもしれないシーズンのスーパーフィナーレとなる」

このFIA WTCRとFIM EWCの併催イベントのチケットは、既に発売が開始されている。価格はメイングランドスタンドの275マレーシアリンギットから。詳細は下記リンクのSICの公式サイトに公開されている。
https://www.sepangcircuit.com/ticketing/wtrc-ewc

#RoadToMalaysia – 「2019年12月13−15日セパンで会いましょう」PR動画